地域案内

地域案内

朝霧高原

朝霧高原

朝霧高原(あさぎりこうげん)は静岡県富士宮市北部・富士山西麓の標高700-1,000mにわたる高原のこと。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。富士山観光で有名であり、その広大な土地全域で富士山が望める。富士山を綺麗に望む著名なスポットであり、特に夏季には避暑地として観光客が訪れる。朝に霧が発生しやすいことからこの名前がついた。広々とした草原が広がっており、パラグライダーなども行われている。冷涼な気候であることと、古富士泥流を基盤とした黒ボク土という独特の地質から酪農が盛んであり、ホルスタインを中心とする乳牛が群れ遊ぶ牧場が数多く点在する。
出典:Wikipedia

田貫湖

田貫湖

田貫湖(たぬきこ)は、静岡県富士宮市にある湖である。断層活動により隆起した古富士泥流の窪地を拡大させて形成された人造湖で、富士山の西麓・朝霧高原の一角に位置する。当地は富士山の大沢のほぼ正面方向にあたり、富士山の険しい山容を望める適地である。4月20日と8月20日頃の天気の良い早朝に、湖畔にある休暇村富士の正面からダイヤモンド富士を見ることができ、多くのカメラマンで賑わう。 キャンプ場も設けられているため、キャンプを間に入れた富士山観光も可能である。
出典:Wikipedia

陣馬の滝

陣馬の滝

陣馬の滝(じんばのたき)は静岡県富士宮市にある滝。五斗目木川にかかる滝で、上流からの水の流れと、溶岩層のすき間から湧き出す水が滝をなしている。「陣馬の滝」という名は源頼朝が行った富士の巻狩りの際、滝の近くに一夜の陣を敷いたことから名づけられた。
出典:Wikipedia

林道湯之奥猪之頭線

林道湯之奥猪之頭線

林道湯之奥猪之頭線(りんどうゆのおくいのかしらせん)は、山梨県南巨摩郡身延町湯之奥から静岡県富士宮市猪之頭までを結ぶ林道である。山梨県・峡南林務環境事務所および富士宮市・環境森林課が管理する。山梨県側からは県道415号で下部温泉を経た後、県道の途切れる湯之奥集落が起点となる。県境となる猪之頭峠(下部峠)には湯之奥猪之頭トンネルが貫いており、天子山地における毛無山と長者ヶ岳の中間点にあたる。静岡県側にはパラグライダーの離陸場が整備されている。また富士山の眺望が良く、日本林道協会による個別の部門の「眺望の良い路線の部」で1位に選ばれたことがある。
出典:Wikipedia

東海自然歩道

東海自然歩道

東海自然歩道(とうかいしぜんほどう)は、東京都八王子市の「明治の森高尾国定公園」から大阪府箕面市の「明治の森箕面国定公園」までの11都府県約90市町村にまたがる長さ1,697 kmの長距離自然歩道である。1969年(昭和44年)、厚生省(後に担当部局は環境省に継承)が長距離自然歩道を作る事を提案し、1970年(昭和45年)から関係自治体の協力のもとに整備が始められ、1974年(昭和49年)に完成した。
出典:Wikipedia

COLUMNINTERNET TVRESERVATION